愛知県議会議員森井もとし声が形になる県政

みなさんこんにちは。
名古屋市守山区で選出頂いている愛知県議会議員 森井元志です。
愛知県議会報告やその時々の活動等のご報告のスペースとしてホームページを刷新しました。
地域の皆様との情報の交換の場所としても活用できればと考えています。 どうぞよろしくお願いいたします。

後援会の行事、県政報告書なども随時掲載いたしますので是非ご覧ください!

後援会イベントのご案内

event

冬のコンサートのご案内

冬のコンサートのご案内

日時 12月18日(火曜日) 14時開演 場所 守山文化小劇場 ご予約、お問合せは森井事務所まで。

詳細を見る

錦秋の日帰りバス旅行のご案内

錦秋の日帰りバス旅行のご案内

行 先: 京都方面 聖護院門跡(特別公開)・京都御所(見学)⇒しょうざんリゾート(ご昼食・お買い物)⇒ 井筒八ッ橋(お買い物) 旅行日 11月22日(木曜日) 受付締切 11月2日(金曜日) 旅行代金  9,500円 & […]

詳細を見る

一覧を見る

プロフィール

profile

1963年 6月 奈良県生まれ
  私立 第二富士幼稚園
名古屋市立大森小学校
名古屋市立大森中学校
米国 バークシャー高校入学
米国 ノースイースタン大学心理学部 入学
米国 ボストン大学心理学部 編入
同大学 卒業
伊太利 グレゴリアン大学大学院入学
心理学修士取得
博士論文を残し帰国
※大学院在学中に結婚
1995年 ニッセイインターナショナル(株) 共同設立
2001年 参議院議員 大塚耕平 公設第一秘書
2003年 愛知県議会議員選挙 守山区選挙区 初当選
2005年 愛知県文教委員会 副委員長
2007年 愛知県議会議員選挙 守山区選挙区 2期目当選
2008年 愛知県議会運営員会 副委員長
民主党愛知県議団 総務会長
2010年 愛知県産業労働委員会 委員長
2011年 愛知県議会議員選挙 守山区選挙区 惜敗
2015年 愛知県議会 復帰(3期目)
民主党愛知県議団 政策調査会長
2016年 民主党から民進党に党名変更
愛知県健康福祉委員会 委員長
民進党愛知県総支部連合会 選挙対策副委員長

1995年に衆議院出馬準備中の古川元久さんに出会い、同年代の古川さんの奮起に感銘! 政治はどこかで誰かがやってくれるのではない、ここで自ら作っていくものだ!と政治を志しました。

愛知県議会初挑戦で議席をお預かりさせて頂く事ができましたが、2011年の3期目の選挙で惜敗。議会を離れてからは発展目覚ましいアセアン諸国、とりわけタイ国、ラオス共和国にて銀行や教育関連産業の企業顧問として企業の海外進出の支援などに取り組んでまいりました。年の内、日本に半分アジアに半分という生活でした。

2015年の選挙で多くの皆様にご支援頂き議会に復帰させて頂き、地域の皆様の声が形になる県政、また幅広い海外経験を生かした県政の推進に取り組んでいます。

妻、大学生の長女と次女、中学生の長男の5人家族。
趣味はありませんが大の機械好き。
最近では海外の仕事で欠かせないスマホに関しては自称マニアです。

学生時代は当時あまりメジャーではなかったスキーのモーグルにはまり、スキーメーカーさんからモーグル専用のスキー板の開発用の試作品が支給されていました! 最近インターハイ選手だった妻に触発されテニスを始めましたが、アキレス腱を断絶して以来ちょっと躊躇しています。
ゴルフは上手くはありませんが好きです。

好きな食べ物は お肉と麺類全般。タイの屋台のラーメンからパスタ、日本そばまで全てOKです。どちらかというとエスニックな料理が好きです。

森井の提案

proposal

声が形になる県政

県で扱う予算は全て県民の皆様からお預かりする税金です。
様々な行政課題に対して効率よく、無駄なく、そこに住む人の目線でその税金の使い方を決めことがなにより大切です。
そのためにも、地域のニーズや多様な意見を是々非々で議論をすることが、高効率で信頼できる県政を創造するための議員の役割だと考えています。

ここで一言!!

経営学の父、ドラッガーは、「深く勉強し、自分の問題として考えれば意見が対立することがあたりまえで、
対立の裏にこそよりよい決定のためのヒントがある。
意見の不一致は「もっともらしい決定」を「正しい決定」に変え、「正しい決定」を「優れた決定」にする。」と教えています。

誰もが安心して安全に暮らせる愛知づくり

  • 交番の機能強化・警察官の適正配備等に努め、刑法犯認知件数を減少させ、凶悪犯罪対しても、検挙率・検挙件数を更に向上させます。
  • 歩車分離式交差点や自転車道の整備等を進め、交通事故抑止を図ります。
  • 犯罪被害者等を支援を進めます。
  • 街頭防犯カメラ設置を推進し、ひったくりなどの街頭犯罪に強い街づくりを進めます。

県民本位の医療、福祉、介護サービスのさらなる充実

  • 「いのち」に関わるサービスを統合し、医療・福祉・介護を融合した「あいち県民医療福祉計画」づくりに取り組みます。
  • 医師の地域偏在や小児科・産婦人科医等の不足を是正するため、ドクターバンク事業を拡充します。
  • 障害者雇用率向上に向けて、県の契約・入札制度の改革を進め、県庁自体も障害者雇用を増やします。

愛知県を支える産業振興と人材育成及び雇用の創出

  • 自動車産業を進化し、次世代自動車への構造転換を図るための、ITS等の環境・交通の基盤整備を進めます。
  • 中小企業のニーズに対応し、幅広い支援を行います。
  • 「少年少女発明クラブ」「技能五輪」等、各種大会を開催し、子どもの時からモノづくりに興味を抱く環境を整備します。

世界に向けて、環境先進県愛知の確立

  • 温室効果ガス排出量削減に向け、本県の特性に適した数値目標と実現に向けた具体策を提案します。
  • 開発による生態系の損失を新たな生態系の創出により補う「アイチ方式」により、環境立県を目指します。
  • あいちのモノづくり技術を活かし、スマートグリッド等の環境技術で、世界の産業革命をリードします。

愛知を支える社会基盤整備の推進

  • 国際競争力強化のために、陸・海・空の総合的な交通ネットワークの形成と機能強化を推進します。
  • 環境負荷の少ない公共交通機関の利用を促進し、パークアンドライドなど、エコモビリティライフを進めます。

愛知独自のゆきとどいた教育と子育て支援

  • 躊躇することなく望む学校に進学できるように、給付型奨学金を含む奨学金制度の充実を進めます。
  • 小中学校の30人以下学級を実現し、特別支援教育や日本語指導が必要な児童生徒等への教育環境を整備します。
  • 「モノづくり愛知」のキャリア教育を、企業の技術や知恵も活用して推進します。
  • いじめやインターネットを介したトラブルから子どもたちを守ります。
  • 愛知の教育振興のため、私立学校教育の維持向上や保護者負担の軽減、奨学金の拡充等に努めます。

行政改革と地域主権の推進

  • 第三者の視点を取り入れた事業仕分けの導入を図り、行政のあらゆるムダの削減を徹底します。
  • 総合評価落札方式の全面導入と、公正労働や障害者雇用、環境保護、男女共同参画の実現に向けた「公契約条例」をさらに充実させます。
  • 国が再検証を進めている公共事業については、県として、開かれた協議を行い、公平・公正な立場で検討を進めます。
  • 道州制を見据え、本県が目指すべき姿の「愛知版地域主権ビジョン」を提唱し、中部圏をリードする役割を担います。

県政レポート

report

森井もとしによる愛知県政の最新情報を掲載いたします。PDFでダウンロード可能です。

2018年 春号 森井もとし 愛知県政レポート

2016年 7月号 森井もとし県政レポート

2014年 11月号 めざせ!好循環な県政

一覧を見る

PAGE TOP